ご存知でした?コレ、便利!

Outlookでメールの配信日時を指定する(Outlook 2003で使用中)

 メールって、指定した日付や時間になってから送信したいという場合がありますよね。

例えば顧客に対するニュース・リリース、システムメンテのお知らせなどは、事前告知にあわせて、直前にリマインダーを送信しておきたいこともありますよね。
↑そしてこのリマインダーメールを送信忘れをする危険は非常に高い。

そんなときは、Outlook の、送信の一時保留の機能が利用できました。
長年このメールソフトとつきあっていて、
今頃知った機能です。(恥


送信の一時保留の機能を利用して、
期日指定をしてメールを送信する方法

1)メールごとの作成画面で、送信する時間を指定します。
…各メールごとに個別に指定が必要です。

2)メール・メッセージ作成画面のツール・バーから、
[表示]−[オプション]

3)[メッセージオプション]ダイアログボックスで、
[配信オプション]の[指定日時以降に配信]チェック・ボックスをオンにする。
 → 送信する日付と時間が指定できるようになる。

このあとダイアログボックスを閉じ、
メールを送信します。

すると、送信ボックスに指定日が来るまで保管去れている、と言う仕組み。

お気づきのように、「指定日時に」ではなく「指定日時以降に」の設定ですから、指定日時以降、Outlook で送受信を行ったとき、という指定になります。
私は現在、Outlook 2003を使っていますので、他のバージョンでの検証はしていませんが……

マイクロソフトのページに図入りの説明がありました。
指定した日時にメールを送信する:
http://www.microsoft.com/japan/athome/magazine/ucontents/users/tips/Outlook/138.mspx

お誕生日メールなんかにも使えそうですね。
グリーティングカードサービスも、なんだか最近は、
懲りすぎていて重たいし、助かりそうです。

では、皆様のお仕事がサクサク進みますように。
| コメント(0) | TB(0) | ご存知でした?コレ、便利!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114379008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。