Windows VIsta 関連

Windows Vistaのエクスプローラにおける自動フォルダ・タイプ設定を無効にする

エクスプローラを「詳細表示」にして、
各ファイルのサイズや更新日時を確認したり、
選択したファイルが意図したものか、
更新されているか等を確認するのは、もはや通常のことですが

Windows Vistaって、勝手です。
いきなり、レートだのなんだの、
必要のない情報が表示されていて、
確認した情報であるサイズだとか日付がないっ!と
イラツキの悲鳴をあげることは、ショッチュウです。

そこで手動で詳細表示にし、
表示される項目を設定しても、
これまた「勝手に」vista がヨカレと思うように変えてくれます。

おまけに新規にフォルダーを作成したときは、
ガンコにアイコンで表示されたり、

そのたびに表示項目を一々設定しなおしたりするのが、
本当に、うっとうしくて仕方がありません。

本来はファイルの機能にあわせて表示設定を自動で変えるという
ちょっとしたお手伝い機能みたいですが、
マイクロソフトワードのおせっかい機能よりも、もっと悪い…。

OSの機能の中でも重要なファイル操作、
何とかしたいものですですが、
これが、もう、デフォルトの設定はできないみたいなんです。

ただし、レジストリをいじるスキルがある方は、
そちらを編集して、Vista に勝手に変えられることはなくせるようです。

でも、レジストリをいじるのは非常に怖い。
私はとりあえず、記事を読んでから手に負えるかどうか考えます。


解説と、注意と、やり方が書いてあるページはこちら

CapD20090311_1.jpg
Windows Vistaのエクスプローラにおける自動フォルダ・タイプ設定を無効にする

↑別ウィンドウで開きます。

やれやれ、Vistaって、なんともめんどくさいOSです。
Windows7、早く出ないかしら。
これだけ評判も酷いOSなので、
Vistaしか変えなかった時期にパソコンを買い換えた人には、ぜひ、無償アップグレードをしていただきたいっ。

…それとも MAC に移行するか、考え中…


タスクバーを画面上に設置して、とりあえず、MAC気分を味わってみたりとジタバタしていますが

皆様のお仕事がサクサク進みますように。
| コメント(0) | TB(0) | Windows VIsta 関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。