ストレス激減【仕事術】

ストレス激減仕事術・フロー

こんにちは。管理人の椎野です。

お忙しい中、サクサク仕事*サイトにお立ち寄りいただき、
ありがとうございます。

貴方様と相性の良い「あ、コレいいな」が見つかりますように。

*-*-*-*-*-*-*


仕事術の概要について説明していきますね。

それでは、頭の中の事柄を書きだしたあと、
いよいよ整理していくことについて、お話していきます。

仕事術、手帳術、時間管理術、いろいろな手法はあれど
「続かなければ意味はない」ので、シンプルに行きます。

そして、毎日行うことこそ本領発揮ですが、
仕事術のための時間がとれなかったら、
バックアップタイムを設けます。

どうしても、どうしても自分のことに手が回らない日は、
お勤めの身ならありますもんね。

シンプル&フレキシブル、こんな感じの仕事術です。



■実践:ためしてみる。(概要) 

では、実際の仕事術は…↓こんな感じです↓

・全て書き出す
   ↓
・頭の中を整理する時間を設けます。
  ・週末に「スケジュールのチューニングタイム」を設けます。
  ・1日の仕事の終わりにスケジュールを見直す「パワータイム」を設けます。
   ↓
・頭の中にあるものを全て外に出します。(アナログ/デジタル、どちらでも)
   ↓
・あちこちに散らばっているものを目の前に集めます。
   ↓
・一つ一つの事柄について、どういう性質かふるい分けしていきます。
 「延期」「資料」「約束ごと」「相手待ち」「個人作業」
   ↓
・「延期」カテゴリを週末のチューニングタイムに入れます(再考するため)。
   ↓
・「延期」以外の分類を、実際のスケジュールに入れていきます。
   ↓
・あとは淡々と実行していきます。頭に浮かぶことは全て書きだします。
   ↓
・一日の終わりのパワータイムで、スケジュールを組みなおします。
   ↓
・週末のチューニングタイムで、スケジュールの進捗状況を見ます。
 →スケジュールの立て方そのものも見直します。



こうして書き出すといろんなことをやっているようですが、
できちゃうもんです。しかも、書かないでいたときよりも楽々と。

書き出さないでいると、
いろんなことを考えてしまい、実行がしにくいのです。

たとえ日々にこなせる量が少なくても、ゼロとイチは違います。
少しずつでも時間をかけると、
一ヵ月後、数ヵ月後に驚くべき違いがでます!



▼今日のピックアップ図書▼

ヒントの本棚 も遊びにいらしてくださいませ♪
| コメント(0) | TB(0) | ストレス激減【仕事術】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。