ストレス激減【仕事術】

仕事術・頭の整理をする時間を確保1

こんにちは。管理人の椎野です。

お忙しい中、サクサク仕事*サイトにお立ち寄りいただき、
ありがとうございます。
このサイトでは仕事術、時間管理、手帳術、
「あ、コレいいな」と思った情報やノウハウをご紹介していきます。

貴方様と相性の良い「あ、コレいいな」が見つかりますように。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ストレス激減仕事術の最初のステップは「書き出す」ですが、
書きながら考えるのは、予想以上に大変です。

ですから、書く時は書く、考える時は考える、という2ステップにするために、
「頭の整理をする時間」を設け、スケジュールを確保してしまいます。
書き出すのは「覚えているものを書き出す」に集中し、
「仕事を進めるために考える」時間…頭の整理をする時間は、別にとります。
こうすると、それぞれの作業に集中しやすくなります。

頭の整理をする時間は、一日の終わりと、週末または本業が休みの日に用意します。

ではまず、週末または本業が休みの日に、
「スケジュールのチューニングタイム」として、予定を取ります。

このチューニングタイムは、「頭の整理」の「予備」の時間です。

日々のスケジュール管理では整理し切れなかったことや、

優先順位をじっくり決めたり、
ルーチン化されたスケジュールを見直したり、
長期的に物事を見るために使えます。

この時間を先に確保しておくことで、気が楽になるんです。




■仕事術のセカンドステップ 〜チューニングタイムを確保する〜

「頭の中の整理をする時間の予備」時間は、
週末、または本業がお休みの日がいいですね。

まずは、1時間程度でいいでしょう。
朝でも、夜でもかまいません。
予定に入れてしまいましょう。

30分でサクっと終わることもあれば、
止まらなくなって随分と時間をオーバーしてしまうこともあります。

でも、もともと休日に設定してありますから、
長引いても気にしないでできますね。
毎週、基本時間だけ決めて、
後は臨機応変にしておくのが楽に続けるコツです。

ここで具体的に何をするかは、また別の機会に説明しますが…

3年先、5年先、自分がどうなっていたいのか…。
既にそういう姿をイメージでお持ちの方はそのメンテナンス、
日々が忙しくてそれどころか!という方は、ぜひ、
この時間を使ってチャレンジしてみてください。
(誰かに見せるものではありませんから、気軽に…)

長期目標は、必ず自分の軸になってくれます。
押し寄せる大波のごとき情報に迷ったとき、
立ち戻れる軸があるだけで、大きな安心になるものです。

ところで私は昔、3年先や5年先の自分…と言われる度に、
「どうせそんな先のこと、考えたって無駄」と思っていました。
また、「望んで叶わなかった時の方がせつないのでは」とも。

ただ、物事をスイスイこなし、
どんどん夢をかなえていく人たちは

「やってダメだったこと」はサクサク忘れ、
たとえ失敗しても、
「ダメだったを通じて得られたこと」に焦点を当てているようです。

これは、見事なまでに皆さん一致した考えです。

失敗したときに「全ては学びなのだから」と、割り切れるのも、
長期の目標があればこそ、なのでしょう。

ちなみに、ネット関連事業の大手・グローバルメディアオンラインの代表であり、
「一冊の手帳で夢は必ずかなう」を上梓した熊谷氏などは、
土曜日の朝6時から3時間くらい、手帳の見直しに設けているそうです。
*熊谷氏にのブログはこちら→クマガイコム



▼今日のピックアップ図書▼

ヒントの本棚 も遊びにいらしてくださいませ♪


| コメント(0) | TB(0) | ストレス激減【仕事術】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18547049
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。