ストレス激減【仕事術】

GTDはOSだった?

こんにちは。管理人の椎野です。

お忙しい中、サクサク仕事*サイトにお立ち寄りいただき、
ありがとうございます。
このサイトでは仕事術、時間管理、手帳術、
「あ、コレいいな」と思った情報やノウハウをご紹介していきます。

貴方様と相性の良い「あ、コレいいな」が見つかりますように。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ダイブ間が開いてしまいました、ごめんなさい!

さて、GTDはストレス激減の仕事術として日本でも人気が出ているようですが、

OSとしてのGTD という記事がありました。

GTDを他の仕事術と比較することで感じる違和感として、
このように述べられていました。
引用>>>
さまざまな時間管理や目標管理などの仕事術は、それ自体もちろん効果的です。
ただ、GTDを身につけることでさらにうまく使いこなせるようになると思っています。
これは同じアプリケーションでもOSが違えば動作が速くなったり、安定したりすることに似ています。
GTDを覚えることはあなたの仕事のOSをバージョンアップすることなのです。
<<<引用ここまで

今回この記事は、
いろいろと脳みそとコンピュータになぞらえた表現が多かったのですが

なるほど、もともとコンピュータというのは、
仕事をサクサク片付けるために開発されたものですから、
(どうも忘れがちですけれど、ね!)
「仕事」というくくりで考えるときは特に、説明がしやすいのかもしれませんね。

コンピュータは、膨大な計算は得意だけれど、複雑な思考は無理です。
そこで、複雑なタスクを振り分けていき、
「コンピュータでもできる」形としてのOSが登場したわけですよね。
その上で、いろいろなアプリケーションを動かす…

私たちは普段気にしませんが、
脳みその容量は膨大で、複雑怪奇ですぐに解決できなくても、
「保留」することができ、さらに、
「無意識」にいろんな考えが流れていくものです。
ただ、脳みその容量が大きいからゆえに、「負担感」という
ストレスも生じてしまいます。
なんだかスッキリしない。

脳みそのどこかではわかっているのだけれど、
言葉になっていないもの。
パソコンだったらフリーズしますね。

人間はわりと無理ができちゃいますから、
こういう感覚も抱えたまま日々を過ごし勝ちですが…

ちょっと忙しいな、参っているかな、と思ったとき、
ここらで脳みそを少し休ませてやろう、というところに
思いが至ったら、物事を単純化していくのは、とてもいい案だと思います。
(ご自分や周りを責める前に…)←かつての私です。ヘトヘトでした。

そしてその良いお手本が、コンピュータというのも、
なんだか不思議な感じがしますが☆

しかしこれ、いろいろな人たちが技術を競って
「仕事を早くラクに済ませるために」凌ぎを削った商品には間違いありませんから
お手本にするには、実にいいものなのかもしれません…ね。





人気blogランキングの上位はどんな話題でしょう?


| コメント(2) | TB(0) | ストレス激減【仕事術】
この記事へのコメント
初めてコメントをさせていただきます

最近GTDをやっていて、私もGTDはOSだなと強く感じています

GTDはそれ自体も仕事術ですが、たとえどんな仕事のやり方をするにしても、GTDは必要だと思いました

逆に、どんな仕事術をしたとしても、GTDをやらなければ高い効果を得ることは出来ないと思いました

本当に、GTDとは仕事をするにしても生活をするにしても、基礎だと最近は感じるようになりました

ですから、これからも続けて行きたいと思います
こーちゃん
こーちゃん、はじめまして!
書き込みありがとうございます。

こーちゃんは、GTD仲間ですね。おっしゃるとおり、基礎は大切ですよね。
身に付くまで、慣れるまでの期間、ちょっと戸惑うこともあるのも、基礎ならではなんでしょうね。

私もしっかり基盤を作って、次は応用できるようにしていきたいのです。
何か良い気づきがあったら、教えてくださいませ!
私の方でも、アップしてまいりますので…。
ありがとうございました♪
椎野
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。