Windows VIsta 関連

マシンの引越しに便利な「高速転送ケーブル」

こんにちは。
サクサク仕事術の椎野です。

一昔…といっても数年前と、今のパソコン使用状況の
大きな違いの一つに、保存容量の大きさの違いがあります。

「2GBのハードディスク!わーい、嬉しい」
なんて言っていたのが(あぁ懐かしい)、

音楽や動画や画像、
大きなデータがたーくさん行きかうようになって、
なんと、テラバイトのハードディスクが売っているご時勢。

こうなってくると恐ろしいのが、
マシンを交換するときなどの、
新旧マシン間でのデータの転送です。

会社や家庭で、LANで繋がっているマシン同士なら、
まあ、外出前に転送しはじめて、
帰ってきたころに終わっている…という感じに
スンナリできますが、

自宅で自分が使っているマシンを買い換えた…なんてときは
専用ケーブルで、高速転送できるワザがあるようです。

名前がカンタンで可愛らしいんですが
「スゴイケーブル・イージー」。
これ、ケーブルを差し込むだけで接続環境が構築される、
ラクチンケーブルです。
詳しい記事はこちら→パソコンの引越しはケーブル一本で


真新しいマシン…特に、
XP機からVista機に乗り換えた時は、
使い勝手も「アレアレアレ?」が多いですから(自分の場合)、
なるだけ余分な手間はかけたくありません。

旧マシンが動いているうちに、マシンを新調するなら、
こういうケーブルを使うのも、一つの選択肢ですね。
なにより、転送スピードの速いのが気に入りました。


では
皆様のお仕事がサクサク進みますように。
| コメント(0) | TB(0) | Windows VIsta 関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。